安倍晋三の【売国の系図】吉田茂、岸信介、佐藤栄作の3名による「密約」による「日本売り渡し」「売国で潤う家系」「死の商人」「米国に支配される日本」安倍晋三氏が「売国の作法」を受け継いでいる!

 

安倍晋三の【売国の系図】吉田茂、岸信介、佐藤栄作の3名による「密約」による「日本売り渡し」「売国で潤う家系」「死の商人」「米国に支配される日本」安倍晋三氏が「売国の作法」を受け継いでいる!

安倍晋三の【売国の系図】吉田茂、岸信介、佐藤栄作の3名による「密約」による「日本売り渡し」「売国で潤う家系」「死の商人」「米国に支配される日本」安倍晋三氏が「売国の作法」を受け継いでいる! - みんなが知るべき情報gooブログ

すれ違っただけで感染するインド型変異株 ルール破りのIOCと組織委に東京五輪を任せられるか!(2)

すれ違っただけで感染するインド型変異株 ルール破りのIOCと組織委に東京五輪を任せられるか!(2)

article.yahoo.co.jp

すれ違っただけで感染するインド型変異株 ルール破りのIOCと組織委に東京五輪を任せられるか!(2)

すれ違っただけで感染するインド型変異株 ルール破りのIOCと組織委に東京五輪を任せられるか!(2)

article.yahoo.co.jp

「オールジャパンで五輪開催できる」安倍氏の“根性論”に批判殺到

オールジャパンで五輪開催できる」安倍氏の“根性論”に批判殺到

news.nifty.com

JOCはショック! 経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪とカネ」

JOCはショック! 経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪とカネ」

news.nifty.com東京五輪開催を46日後に控えた7日、JOC日本オリンピック委員会)の幹部が飛び込み自殺――というショッキングなニュースに衝撃が広がった。

 7日午前9時20分ごろ、東京都品川区の都営地下鉄浅草線中延駅で、JOC経理部長、森谷靖さん(52)が2番線ホームから線路に飛び込み、普通列車にはねられた。森谷さんは病院に搬送されたが、2時間後に死亡が確認された。森谷さんはスーツ姿で、遺書は見つかっていない。

■ネット上ではさまざまな憶測が

 世論の多くが東京五輪の中止を求める一方、政府は強行開催に突き進んでいることから、ネット上ではさまざまな臆測が入り乱れている。

〈「経理部長」職ということは、既に帳簿が「紛失」したりとか、表に出せない事情や事態が山盛りあるのでは……?〉〈公にはできない秘密を隠し続けることが耐えられなかったのか〉

 先月26日に行われた衆院文科委員会では、東京五輪組織委員会が広告代理店に委託している会場運営のディレクターの1日当たりの人件費が35万円と、あまりにも高額だという指摘が野党議員からあった。さらに今月5日には、会場準備を担当する組織委員会の現役職員がJNNの「報道特集」に出演。会場運営の業務委託を受けた広告代理店に、10~15%の「管理費」を支払うという不透明な金の流れを証言した。

 そのため〈国会でも追及が始まった「不審なカネの流れ」と自殺との間に何らかの関連性があるのではと推察せざるを得ない〉〈先週末の報道特集で匿名で洗いざらい証言してたJOC職員ってひょっとすると……〉といった書き込みがあったが、組織委員会JOCは全く別の組織で、自殺した経理部長とテレビで証言した現役職員は、職種も違えば立場も異なる。


とにかくマジメで優秀と評判だった

 亡くなった森谷さんは、どのような人だったのか。

「埼玉の名門進学校・県立浦和高を出て、法政大に進学した。卒業後は堤義明氏が実質オーナーを務めていた国土計画に就職しました。とにかくマジメで優秀と評判でしたから、こんな五輪のゴタゴタなどで、自ら命を落とすなんて考えられません」(五輪担当記者)

 森谷さんは90年代前半、国土計画からJOCに出向。国土計画を辞職後、そのまま再雇用され、以来、経理を担当していた。

 2007年以降、JOCの加盟団体である日本スケート連盟全日本柔道連盟日本ホッケー協会日本体操協会日本フェンシング協会など競技団体の不正受給が相次ぎ、その際、会計監査から呼び出されることもあったようだ。これを受け、JOCは、文科省から東京五輪に向け、さらなるガバナンス強化策を求められていた。

 JOCの職員たちは森谷さんの自殺の原因について思い当たるようなフシはなく、ショックを受けているそうだ。遺書が出てくれば動機が判明する。

 ◇ ◇ ◇

【相談窓口】

■日本いのちの電話連盟

 ●ナビダイヤル 0570・783・556
  午前10:00~午後10:00

 ●フリーダイヤル 0120・783・556
  毎日:午後4:00~午後9:00
  毎月10日:午前8:00~翌日午前8:00

 

 

日本オリンピック委員会の幹部が飛び込み…内部リークで“粛清”されたとの憶測も

news.nifty.com

国民の意見を無視し、開催準備が進んでいる平和の祭典・オリンピック。開催を目前に控えた6月7日、JOC日本オリンピック委員会)の経理部長・森谷靖氏の訃報が届いた。森谷氏の死を巡り、ネット上ではさまざまな議論が交わされている。



6月7日、東京都品川区の都営浅草線中延駅で男性がホームから飛び込み、普通列車に跳ねられ死亡するという事件が発生。本来ならば、大々的に報道されない電車への飛び込みだが、ここまで注目を集めているのにはワケがある。それは飛び込んだ男性がJOC経理部長である森谷氏だったからだ。

 

この件に関してネット上では、

 

《闇と圧力を感じる》

《まともな事言ったら消されたんだろ。かわいそうに》

《オリンピックなんてロクなことがないからさっさと辞めろ》

《板挟みだったのかな? 個人に責任はないのにね》

《とことん呪われたイベントだね。もうオリンピック絡みで良い情報もないし、国民も求めてないんだからもう辞めなよ》

《自殺者出してまですることなの? 五輪って!》

《真面目で正義感のある人が亡くなっていくんだよ。悪い意味で歴史に残るオリンピックになりそう》

 

などと、さまざまな憶測が飛び交っている。


自殺ではなく粛清されたのか…?

また陰謀論に近い話ではあるが、森谷氏の死には裏があると疑う声も。その理由は、6月5日放送の『報道特集』(TBS系)に東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の現役職員が、匿名で出演したからだ。番組内で職員は、国会で一度否定されていた一日あたりの単価が35万円という高額な人件費が事実だと告白。それどころか見積書の所々に見受けられる高額な単価が一人に支払われていることもあると明かし、その金額は80万円にも及ぶ…と発言していた。

 

さらに職員は、組織委員会から広告代理店に約35億円の委託費用から、「管理費」として10~15%を支払うという不透明な金の流れがあるとも証言。職員が広告代理店を通すべきではないと問題提起をしたものの、聞き入れてもらえなかったという。この内部告発を行った職員と森谷氏の顎の形が一致していたため、一部では「粛清されたのではないか…」などと噂されているようだ。

 

真偽は定かではないが、明るい話題が皆無な東京五輪。関係者から死亡者を出してまで行う必要のある祭典とは一体何なのだろうか…。

 

【画像】

 

Roman Samborskyi / Shutterstock

東京五輪の不正招致に使われた買収資金の調達に、菅総理が関与していた!?:なぜ彼が五輪開催強行にこだわるのかがよくわかった(新ベンチャー革命)http://www.asyura2.com/21/senkyo281/msg/425.html

www.asyura2.com